原点回帰 -ターンって奥が深すぎる-

スノーボードインストラクターの端くれとしてターンを追及していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工雪(春先のザラメ雪など)でのターンについて

今シーズンの振る振る詐欺に騙され、休暇をずらしたのに空振りに終わりました(汗

最後の最後に恩恵を受けることは出来ましたが・・・


しかし、そのおかげで今まで以上に人工雪から逃げる事無く、向き合いながら滑ることが出来ました。

今回は雪質に合わせたターンの質についての私なりの思考です(長文)





便利な世の中で、ネットで調べたい事は直ぐに出てきます。

今回も「春雪」や「ザラメ雪」にスキーやスノーボードの語句を付けると直ぐにヒットすると思います。


が、今までそんなに深く考えずに滑っておりました(汗


人工雪での朝一ピステは温度が下がると中々乙なターンが出来ますが、気温の上昇とともに氷のビーズ化となります。

今シーズンは人工雪で滑る機会が多く、プライベートで友人にアドバイスするケースも増えました。

そこで卓上理論と実際自分が滑りながら感じたことを文面にしてみます。

15823201_924681451000177_2652702221164476934_n.jpg
(Zさん使わしてもらいます)


SAJ教程にも記載されていますが、

スノーボードのエッジで雪を削り、それが壁となり、その壁を板で押し当てながらターンをしていきます。

この雪の壁の硬さや質(+エッジ角度)で、カーヴィングがやり易い・やり難い等・・・変わってきます。

よく「勘違いバーン」と言われている雪質は、雪の壁が程よく硬くエッジが噛みやすい、崩れにくい状態なので最高の状態でターンが出来る状態です。

IMG_2582.jpg
(ターン後半も壁の状態があまり崩れないのでキープしやすい)


では、人工雪で出来た氷の粒、ザラメ雪だと・・・

板を押し当てる壁が出来にくい、ターンの速度が遅ければ遅いほど壁が維持出来ない・・・と悪条件が揃ってしまいます。

さらに根雪が無い状態だと、俗に言う「砂漠・ザブザブ」状態になり、ターン中盤から後半(山回り)の処理が悪いと「ザザザ~」と板がハマってしまいます・・・
IMG_2719.jpg
(k先生使わせてもらいました)

では、どのような事を意識すればいいのでしょうか


通常時、谷回りからターンをする際に力をかける場所(今回は割愛します)を点(小さな面積)とします。

これを面、まさしく板の面全体を使って雪を捉える感じで滑べります

曖昧なニュアンスになりますが、最初は気にかける程度で構いません。


そしてターン中盤から後半にかけては、板に力をかけ続けてしまうと力を受け止める壁が崩れてしますので、その力を逃がす(抜重や諸々)必要があります。

JSBA風に言いますとダイナミックターンの技術、簡単に言いますと足の伸縮です。

もしくは角付けの角度をいつも以上に浅くし、スライドで滑る方法もあると思います。



ざっと上げて見ましたが、色んな条件化で滑り、それ応じたターン技術を習得していく・・・

滑る方法は無限にあり、技術を追求していくとキリがありませんね(汗



注意)全ての記事は、あくまでもほんの一例であり、私主観で記載しています。参考として見てもらえば幸いです。




no snow no life


テーマ:スノーボード
ジャンル:スポーツ

写真

コメントの投稿

secret

H ⇒ No title

2017/01/19 Thu|15:36|URL|EDITtop

斜度や雪質が変わると滑り方も変ってくる…
なかなか難しいてす…(笑)
ワンパターンの滑りではなく引き出しを増やして、それをどう使えば効率の良い滑りが出来るようになるか…

本当に奥が深いですね。

だからみんな滑るのが好きなんでしょうね。

きーやん ⇒ Hさん

2017/01/19 Thu|20:16|URLEDITtop

コメントありがとうございます。

とても奥が深いですよね~
雪質に囚われる事無く、いつも同じターンがしたいのですが難しい・・・

素直に足下からのメッセージを聴くように、ここ数年からは心がけるようにしました。

ってか気づくのが遅いかな?(^-^;
自分w

こんな私です・・・

きーやん

Author:きーやん
スノーボード暦 20年
イントラ暦 11年
取得資格 SAJスノーボード指導員
(2016-17現在)

実家がスキー場に近かったため、小、中、高はスキーをやっていました。
社会人になってもスキーをしていましたが、新雪を楽しそうに滑っているスノーボーダーに惹かれその数年後ボードに転進、今に至っています。

冬の過ごし方は、週末はスクールにてインストラクターとしてお手伝いをしています。家族を持つまでは協会問わずテク系の大会に出場し、各地の草大会にも遠征出場していました。

今まで色んな方々から習ったことを復習しながら、雪と戯れています。


そして、更なる高みを目指し日々精進・・・

プロフィール





●取得資格
★SAJスノーボード指導員
★JSBA C級(失効中)

●使用マテリアル
★フリースタイル
 -MOSS KING CABALLERO 158
 -BC STREAM R-2 157
★アルパインスタイル
 -SG FULL RACE 163
 -BC STREAM PRIME 159

最新コメント

リンク

ブックマーク

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック

記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DVD紹介
(クリックしますとamazonへジャンプします)


雪質に応じたターンの質、そして出演ライダーそれぞれの考えをこのDVDで説明しています。メインの解説はJSBA新野デモ。エッジの使い方と面の使い方を具体的に説明されているのでわかりやすいです。


今まで観てきたカービング系のDVDの中でも完成度がとても高いと思います。ドキュメンタリー風に進むパートは斬新。画質、画像は文句無し!個人的に好きなパートはウッシー・米倉パートです。


まだ筋力や集中力が発展途上過程の子供に対して、大変有効な「HOW TO」DVD。教本にも載っていない方法で、楽しくスノーボードに接していく方法は、インストラクターやお子さんと一緒にスノーボードを楽しんでいる親御さん必見です。


各協会のデモが、ショート・ミドル・ロングターン、それぞれの滑りのコツを一人ずつ教えてくれます。観る側(滑り手)に必ずヒントになる項目があるはず。


アルペンライダー必見のイメージDVD。とにかく画質が綺麗です。技法と音楽にこだわりがあります。


長年アルペン界のDVDを支えている、老舗的DVD。老舗と言っても、使われている音楽のチョイスは、シーン事にマッチしています。近年西日本での撮影も増え、あらためて日本の良さを確認できます。14-15年度はアルペンとフリーのジャンルを分け販売。


14-15年度、私の中で鑑賞回数上位のDVD。好きなライダー達がトップを目指し、最高の技術を出して滑走しているDVDは他には見当たらないかも知れません。

スポンサー

お世話になってます(amazon)


4年前からソフトブーツに使用していますが、まずヘタリ具合の進行が遅くなります。レスポンスが良くなり特にフロントサイドターンでの違いが実感できるはずです!


クリーニングと違い、ウエアの繊維に洗剤のカスが残らないため、洗濯しただけでもある程度の撥水効果の復活が期待できます。


専用洗剤と併用して使用することで、撥水機能が復活します。

書籍紹介(amazon)


今季からムック本として再スタート。フリースタイル・アルパインスタイル問わず、ターンの質を追い続けている雑誌です。


16-17年度スノーボード指導者研修テーマは、ずばり「新スノーボード教程の理解」教程の改定に伴い、専門用語、目的など詳しく記載されています。前年度の公認資格者の名前も記載されているのをご存知でしたか?


大幅に内容が変更され、用語も新しくなっています。図解や説明も分かりやすくなっており、インストラクターで無くても理解しやすい内容になっています。レッスンで使う簡単な英語など国内から国外への対応の変化も着目しています。


スノーボードのページは少量ですが、5級~指導員までの検定種目、設定斜度、着眼点がこれ一冊で網羅できます。14-15年度から発刊。準指導員・指導員の学科(理論・指導法)に必須。


スノーボードの歴史・競技の種類、スライド~カービング等の滑りの違い、インストラクターに必要な心構えなど、スノーボードに対する情報が、たくさん記載されています。準指導員・指導員の学科(理論・指導法)に必須。


年度ごとに発刊。年度ごとに滑りのテーマや練習方法が記載される。ボード系の記載は少ないが、SAJの規約全般や、前年度の指導員・準指導員の合格者一覧、大会への参加方法などなど、活字のデーターバンク的な役割。準指導員・指導員の学科(理論・指導法)に必須。JSBAからSAJへインストラクターの移行ができるのを知っていましたか?


スキー場でのルール・冬の雪山の内容・雪の種類等、ウインタースポーツに欠かせない内容を網羅。スノーボードの内容はごく一部。ただし、準指導員・指導員の学科(理論・指導法)に必須。


JSBAに必要な、各運動要素の違い、バッジテストの着眼点など詳しく記載されています。JSBAのインストラクターを目指す方必須の本。


スノーボード系の雑誌で、唯一のアルペン専門雑誌。年に1回、秋ごろ発刊。各主メーカーのマテリアル紹介・選手のコメント・滑走技術など、幅広く記載しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。